FC2ブログ
魂の語りに導かれて
2018/10«│ 2018/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/12
04:30:52
ウェイト版の死神Extend→トート版の死神
秩序を守る者、識る者、監督する者のカード。
このカードの持ち主は…其の。
呪いにも似た戒禁を経て己が定を識る。
覚醒する事により、その戒禁を以って世を監督する資質を持つ。
資質で在り、其に成らねば、絶対に在らず。
その戒めを示された時、踏みとどみ、その戒めを聞き入れれば吉が来たれり。
その戒めを示された時、示唆を聞かねば業に煮やされる。
そのカードを持つ者、立会人也。

其は呪いで在り、其は常に持ち主をも蝕む。
其を羨む事無かれ。其は世に定められた「役割」と言う呪いで在る。
其の呪いは持ち主に与えられた試練であり、世への秩序の力である。
其の戒めを持つ者、其の戒めに置いて善悪は無し。
其の戒めは其の者に齎された使命であり、其に悪意無し。
しかして、業に煮える物、世に罰せられる。
其の戒めを扱う物、常に其の戒めに晒さるる。
其が戒めを示す時、其の戒めの示唆は無し。
其は監督する者である故に。
しかして、采配は其の者に任せらるる。
かくして、呪いに因り秩序は絶対也。
其を責めては為らない。
其は世に戒めを定められた者。
故に、故意に非ず。
示さるる者、呪うなら、己が業を呪へ。
恨むなら、其を戒た世を恨め。
尚、普段は示さぬ。其は平穏を好ム。
尚、其の者等、常に戒めに晒される事により、その戒めの事柄に長ける。

12:09:20
派生元:世界、審判
救いを差し伸べる者のカード。

このカードに成った者は、
タロット.審判を自分で扱える様になった者になる。
このカードを持つ者は、困っている人に声をかける様になるかもしれない?

その者、深く、落ち着きのある立ち姿であり。
その姿、真摯に、お天道様であるかの様に。

他が為を思い、自分の力をふんだんに使う?
無意識の様であり、意識を持って接する?
審判同様、ほわほわしている…
けれど、永劫は深く、静かな立ち姿で…
己が力、人の為になり得るのなら…。

21:38:52
ウェイト.審判→EXTEND→トート.永劫
救いの声をかけるカード。

このカードに対応する人の話を聞くと、良い事が起きる。
逆に、このカードに対応する人の話を無視すると、悪い事が起きる。
…対応者は無意識で発言している可能性が高い。
聞かずして、悪い事が起きた場合、話を聞かない奴が悪い。

このカードを持つ人は、デフォルトスキルで人に安堵効果をもたらす。
…そして、審判に対応する人は、1/fゆらぎボイスの可能が高い。
知ってる3人中、3人1/fゆらぎボイス。
ほわほわしている。…天使?
イントネーション?がキュインキュイーン、ホワンホワーン?

安らぎを求める場合は、ほわほわする人の所に行けば良いかも?

14:46:41
ウェイト版の恋人.EXTEND⇨トート版の恋人
信条と信頼のカード。

このカードの持主は、経験値次第でチートになる。チーター。
覚醒すると、対象となる相手と仲を深めるエキスパートになれるカード。

ウェイト版レベルだと、自分が掛かる事を実感でき。トート版だと、相手にも影響を与える様にできる。
つまる所、相手の気持ちを変える事が出来るカード。

このカードを持っている人達は、デフォルトで人を魅了するスキルを持っている。
…人を惹きつける。(性別関係無しに効く)
…未覚醒だと、淡い想いを抱いてるだけの状態になる?
ピンク髪は二部一でこれを持ってるかも?な、カード


2017/05/17
20:56:15
派生元:世界、節制
効果:このカードに対応する人物が
対応する事柄に対して
右に出るものは居ない、と。
言いたくなる技術を持つアルカナ。
技術を磨いて磨き続ける者。

経験値次第で真面目にパないカード。

データ1.知覚。物事の状態を瞬時に察知する感じのスキル。ウチだと調和が取れる所。
データ2.炯眼。物事の動きを見極めるスキル。格ゲーだと当て身スキルが得意。居合。
データ3.錬磨。学習、鍛錬に特化したスキル。RPG的に言うと経験値2倍。オールラウンダー
データ4.境界。物事の境を極めるスキル。どこぞの隙間妖怪見たいなアレ。
このアルカナに対応した人が聞くと猛るBGM



プロフィール

羽夜

Author:羽夜
幽体離脱まとめのスレから2011.4.12にタルパを知る。
タルパについて独自に研究とかやってるかも
魔術プロ:起源憑キ。両義の狭間にして原点で或る。

うちの子。
パチュリー5人
さとり1人
ルシェ1人
撫子1人
その他3人
今は11人と過ごしてます。
詳しくはプロフィール一覧にて。

ツイッター
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示